【う山先生式・3.14段記憶法】 大人の脳みそで考えないことです☆

う山先生式・3.14段記憶法に
ご質問が届きました☆
その回答です(^^)
========================================
大人の脳みそで考えないことです☆
(【算数合格トラの巻】)

2006-10-11 13:32:20

う山式【3.14の段】の記憶法は、

3.14× 4 =12.56 (イニコロ)
3.14× 5 =15.7  (イコーナ)
3.14× 6 =18.84 (イーハハヨ)

ですが、
コツは、「1個ずつ覚える」のではなく、
「イニコロ・イコーナ・イーハハヨ」
と、連続で語呂の良さで覚えてしまうのです☆
(^^)

こういうことが、実際の指導の場で、
10年以上、100人以上の生徒を
教えてきた者だけがわかる、
「子供の回転の早い脳みそに合致する指導」
だと考えています。

私の著書の後発の本の記憶方法は、
いちいち理屈っぽく書いてありますが、
それは、受験生の親向けの、
「回転の鈍った(?)大人向けの記憶法」
なのです。(^^;

しかし、本屋さんで本を買うのは、
親御さんたちなので、
「これなら、うちの子にもわかるわ!」
となり、
まんまんと敵(?)の売り上げに協力している
のが現実でしょうか?

親御さん達が考えている以上に、
「子供の頭の回転は早い!」
のです☆

例えば、「ポケモン」にいたしましても、
無意味に、語呂の良さと面白さだけで、
100匹以上をすらすら暗唱出来る子供の
なんと多いことか!
また、
「恋のマイアヒ」の空耳の歌詞にしても、
大人は笑ってるだけですが、
暗唱できる子供も多いです。

このように、
【子供の視線】にたって、無駄を省いた記憶法が、
う山先生式記憶法なのです。

ご質問の、
3.14×4の「イニコロ」
に、いたっては、
3×4=12 はすぐにわかりますよね?
なので、
子供の回転の早い頭脳では、
「12だから、イニ・・・、ああ、イニコロだ!
 12.56 だ☆」
と、すぐに正解に到達出来ます☆

くれぐれも、
「大人向けの、中学受験の算数の本」に
騙されないようにして下さい。
全然、子供の鋭さを考えてない本が、
本屋には所狭しと、
親御さんたちを引っかけようと、
待ちかまえておりますよ(^^)
[PR]

# by sansu_gokaku | 2006-10-11 13:57 | 『日記・出来事』

[2005【算太数子の探偵教室】その0002]

[2005【算太数子の探偵教室】その0002]
*

前回で、首尾良く[177番]を見破った、算太君と数子ちゃんであった。
[177番]に行ってみると、そこは洞窟の入り口であった。

数子「洞窟の入り口ね・・・この中にキャプテン・クックックの
   財宝があるのね☆」
算太「ちょっと恐いけど、入ってみるのだ~!」
数子「あら? これは?」

洞窟の入り口には、メモのような紙が落ちていた。
その紙には、なにやら数字と単語が書き込まれてある。

算太「これは・・・」
数子「暗号よ! 算太君!」

その紙には、こう書いてある。

====================
 ・五→六
 ・16、25→カサ
 ・46、24→ネコ
 ・34、45、21→タヌキ

 ・54、46、51、43、16→○○○○○
====================

算太「これは・・・きっと暗号だ!」
数子「それは、さっき私が言ったわ!」

算太「しかし、これは意味が全然わからんのじゃ~!」
数子「二桁の数字が、一つの文字に対応してるのは
   すぐにわかるけど・・・」
算太「あ~! 五十音表に対応してるのでは???」
数子「私もそう思ったわ。 でも、そうすると、
   カサ=21、31 になってしまうでしょ?」
算太「しかも、五十音は[5行]までで、[6行]はないのだ~!」
数子「きっと、それを応用してるのよ」
算太「たぶん、そうなのだ~」
数子「五→六 が何かわかればOKね♪」
算太「では、考えるのだ~!」

さて、君は算太君と数子ちゃんの代わりに
暗号が解けるかな?(^^)?

[2005【算太数子の探偵教室】その0002]
*
[PR]

# by sansu_gokaku | 2006-09-28 15:09

[2005【算太数子の探偵教室】その0001](解答編)

[2005【算太数子の探偵教室】その0001](解答編)
*

数子「とにかく、『宝×宝=△△329』のヒントから考えなくては…」
算太「『宝=100~200の整数だから…、え~と…、』わかったのだ!
   一の位は3なのだ!」
数子「え!?」
算太「だって、3×3=9なのだ~」
数子「算太君、7×7=49もあるわよ♪」
算太「ガビーン!」
数子「だから、103、113、123、~193と、107、117、127、~197の、
   合計20通りの中に、宝のありかがあるわけね♪」
算太「そうか!20通りならば、調べてもすぐに求まるのだ~!」
数子「そうね。じゃあ、算太君は一の位が3の10個を調べて!
   私は一の位が7の10個を調べるわ♪」
算太「OK~!」

算太「あれ? 123は・・・!?
   123×123=15129 なのだ! 惜しい!」
数子「見つかったわ! 177よ☆」
算太「ホントだ! 177×177=31329 なのだ~!」
数子「やったわ!」
算太「では、地図で177番がマーキングされてるところへ、
   レッツゴー! なのだ~!」

(続く)
[PR]

# by sansu_gokaku | 2006-09-28 15:07 | 《算太・数子の探偵教室》
line

中学受験・算数プロ家庭教師【算数合格トラの巻】エキサイト・ブログ


by sansu_gokaku
line
カレンダー